セフレとはどんなセックスをしてもいいのでしょうか?

セフレとはどんなセックスをしてもいいのでしょうか?

セフレとはどんなセックスをしてもいいのでしょうか?

基本的にセフレとのセックスでは、お互いが許す範囲内で、自分たちの好きなセックスをして問題ありません。
ただ、そのためには相手が何を望んでいるのか、逆に自分がどのようなセックスをしたのか、それらをオープンにしなければならないのです。

■自分の性癖をオープンにする

どうしても自分の性癖というのは、誰にも教えたくないものです。
確かに、恥ずかしいと思う人もたくさんいるでしょうし、それを教えたことで「笑われたり印象を悪くしてしまうのではないか」と恐れてしまうのです。

 

でも、誰だって性癖というのは持っているものですし、決して恥ずかしく思うことはありませんし、本来であれば堂々とオープンしてもいいのです。
気軽に付き合えるセフレだからこそ、どんどんオープンにして、お互いのことを知ることが大事なのです。

 

■相手のことを知ればセックスもしやすい

相手の性癖であったり、あるいは欲求不満な部分をオープンにすることで、相手がどんなセックスをしたいのか、どんなセックスなら満足できるのかを知ることができるのです。
逆に、自分のやりたいセックスも知ってもらうことができますから、非常にセックスの方もやりやすくなるのです。
自分の希望も聞いてもらいつつ、相手の希望も叶えてあげることで、お互いがベストな状況で性欲を満たすことができるのです。

 

■もちろん全てをオープンにしなくてもいい

ただ、それでもどうしてもオープンにしたくないことや、これだけは絶対に誰にも言えないということもあるでしょう。
ですから、そのようなことまで無理にオープンしなくてもいいので、オープンできる範囲でセフレに伝えればいいかと思います。

 

■セックスを通じて相手のことを知ることも大事

たとえお互いがお互いのことをオープンにしても、それだけでは全てを知ることはできないと思います。
やっぱり、セックスを通じて初めて分かることや知れることもありますから、とにかくどんどんセックスをしていきましょう。
セックスを繰り返すことで、本当に相手が欲求不満であることが分かったりしますし、実はこのようなセックスを望んでいたと気づくこともあるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ